葬儀のお役立ちコンテンツの記事一覧
useful's Archive

棺に入れる花とは?

最終更新日:2013/10/31

棺に入れる花とは?

main

日本の葬儀では、出棺前に棺の中に花を入れるのが一般的です。最後のお別れの際に、祭壇で使用した花や棺に入れるようの花を用意して棺に納めます。

  

花祭壇を利用するとメリットがある?

saidan花祭壇で使用する花の量にもよりますが、花祭壇で葬儀を行った場合、棺に入れる花の量は多くなります。もしこれが白木祭壇を使用した場合になると、可能性として、少し棺に納める花の量が少なくなるというケースがあります。もし、最後故人の方を見送る際に花一杯で送ってあげたいなどの気持ちがある場合は、花祭壇で料を調整してもらうか、あるいは、棺用に花を用意してもらうように相談をしてみてください。

もらった生花を棺に入れると菊ばかりになる?

photo2基本的に参列者の方などから頂く生花は菊になります。ですので、もし、その花を利用して棺に花を入れるとなった場合は、全体的に菊一色となります。花祭壇で好きな色や花を使うと、その花を入れることができるため、花の量だけではなく、色のメリットももちろんあります。

 

 

 

葬式で花を使った送り方とは?

最終更新日:2013/10/31

花を上手く活用して葬儀を行うには?

saidan

従来の葬儀は、白木祭壇を中心とし、その周りに花籠を並べるというのが一般的でした。ですので、花を上手く活用し、空間を演出するという形はあまりなかったのですが、現在では、その雰囲気は大分変り、花を上手く活用した葬儀が行われるようになっています。

  

祭壇で花を活用する

P1300103白木祭壇では、花を活用するというのは大分限定されますが、花祭壇であれば、多岐に渡りアレンジすることが可能です。お客様のご要望に合わせて色や形、使う花の種類も色々と変化をつけられるので、故人様らしい祭壇を作る事や、喪主の方が送ってあげたいという気持ちが表れた祭壇を作ることが可能です。これが花を上手く活用する一つのポイントです。

祭壇以外で花を活用する方法

mainもう1つのポイントとしては祭壇以外で花を使用する方法です。祭壇周りで余っているスペースを花を上手く使って温かい雰囲気を演出したり、斎場の出入り口にちょっとした花を飾るというのも一つの方法です。結婚式でよく所々に花を置いて空間を演出するということがありますが、葬儀でもその部分を取り入れて雰囲気作りをしている葬儀社があります。もし、そのようなご要望があれば一度見積りを取ると共に詳しく相談してみるのが良いでしょう。

花祭壇とは?

最終更新日:2013/10/31

花祭壇とは?

P1300105

花祭壇とは、お花を使って作られて祭壇になります。従来は白木と呼ばれる祭壇を利用するのがごく一般的でしたが、現在では、花を中心とした祭壇が多くなってきています。白木とは違い、厳粛な雰囲気というよりも、温かな雰囲気が出るのがこの花祭壇となります。

  

どういう方がこの花祭壇を利用するのか?

saidan花祭壇が利用される方の多くは、白木の祭壇の冷たさではなく、温かい雰囲気を出したいという方が一般的に利用されます。今までは、白菊を使うのが通例であったのですが、時代と共に、その形式も段々と変化があり、今では、洋花をふんだんに取り入れたり、赤やピンクなどの色花も多く用いられるようになっています。

花の種類の要望があればまず相談をしてみる

tel-sougirevi使用できる花の種類は数多くありますので、まずは葬儀社に相談し、使用したい花の種類や色、また、どのような形で花祭壇を作りたいかイメージを伝えてみてください。また、中々イメージが湧かない場合は、相談する葬儀社に過去の事例などを見せてもらい、そこからイメージを膨らませるのも一つの手です。

 

 

 

アレンジ祭壇とは?

最終更新日:2013/10/31

アレンジ祭壇とは?

P1300105

アレンジ祭壇とは、葬儀に使われる祭壇を通常の形式ではなく、アレンジを行った形で花の祭壇や白木のの祭壇を作られるものとなります。お花が中心となりますが、故人様、あるいは、喪主様のご要望に沿って作ることができます。

  

どういう方がこのアレンジ祭壇を利用するのか?

saidanアレンジ祭壇を利用される方は、”特定の要望がある”方が多いです。生前ピンク色が好きだったというケースであれば、ピンク色のお花で統一して祭壇をアレンジするということや、ひまわりが好きだったために、ひまわりで祭壇を飾るということも行われます。

要望によっては特殊なアレンジ祭壇にも可能

P1300080好きだった色や花を使いながら祭壇を作るというケースは一般的ですが、それ以外にも要望により色々な祭壇を作ることが可能です。例えば、釣りが好きだった方には、魚の祭壇を花で設営したり、あるいは、ゴルフが好きだった方には、グリーンを祭壇で表現するというケースもあります。もし希望がある場合であれば、まずは葬儀社に相談をしてみると良いです。

 

 

 

白木の祭壇とは?

最終更新日:2013/10/31

白木の祭壇とは?

ippanso-big

白木祭壇とは、伝統的に用いられてきた葬儀の祭壇の種類で、野辺送りの頃に使われていた道具と、経典のいわれをもとにつくられたものです。現在では花祭壇が段々と主流になりつつありますがので、この白木祭壇をみかけることは段々と少なくなっていますが、葬儀の際には荘厳な雰囲気が出るという特徴があります。

  

どういう方がこの白木祭壇を使うのか?

tel-sougirevi最近では、白木祭壇よりも花祭壇の方が多くなったため、葬儀の際には花祭壇を依頼される方が多いのですが、その中でもこの白木祭壇を使いたいという方は現在もいます。昔の葬儀のイメージが強く、どうしても白木の祭壇で葬儀をしたいという要望からこの白木の祭壇という形になるようです。

白木祭壇を利用するメリット・デメリット

hirou白木祭壇は葬儀の中で非常に厳粛な雰囲気を出すという点が特徴でありますが、デメリットも存在します。もし、花籠が少ないと出棺時に棺に入れる花の量が少なくなり、少し寂しい雰囲気になる可能性があります。また、花祭壇と比べ、オリジナル性を出しづらいという点があります。

 

 

 

子どもの葬儀を行うには?

最終更新日:2013/10/28

子どもの葬儀を行うには?

hirou

葬儀は基本的に高齢の方が対象となるのですが、若くして亡くなるというケースがあります。また、何かしらの病気や不慮の事故などにより、お子さんをなくされるというケースもあります。長年生きてきた大人であれば、一般的な葬儀を行うことで滞りなく進められると思いますが、年齢がまだ若い子供の葬儀となると、どうして良いかわからない場合が多いかと思います。

  

子どもでもしっかりと葬儀を行うことは可能

ippanso-big大人のみならず、子供の葬儀を行うことももちろん可能です。祭壇を飾ることや棺を用意して葬儀を行うことが可能です。また、棺のサイズは子供用を用意している葬儀社もありますし、骨箱なども子供に合わせた形で作成しているものもあります。お子さんに万が一があった場合は、まずは葬儀社に相談をされてみてください。どのように出来るかアドバイスをもらえるはずです。

胎児が亡くなった場合はどうすべきか

kotsutsubo墓地埋葬法の規定により妊娠12週以上の胎児が亡くなった場合は、大人と同じように火葬で送ることが出来ます。その場合は、死産証明書の届出を出し、死胎火葬許可証を役所からもらいます。最寄の火葬場や、予約方法などは届出を出した役所に確認されてみてください。

 

 

葬儀の給付金とは?

最終更新日:2013/10/28

葬儀の際に使用できる給付金とは?

okane

葬儀には思いのほかお金がかかりますが手続きをきちんとすると、給付金を受け取ることができます。全ての給付金は申告制となっているため、ご自身で手続きをする必要があり、自治体の窓口や社会保険事務所に申請するとなどに直接出向いて申請する必要があります。

  

世田谷区にはどんな給付金があるのか

pc世田谷区のみならず、全国的にも同じなのですが、各健康保険や組合の被保険者・組合員の方が亡くなられた時、葬儀を行った方は死亡日から2年以内に各申請先に請求をした場合、葬祭費(埋葬料)の受給を受けられます。国民健康保険の場合は葬祭費、健康保険の場合は埋葬料が支給されます。

申請に必要な書類とは?

hikaku自治体により細かい違いがありますので、ご自身でもご確認頂くことをおすすめ致します。また、その扶助を行うことを加味した上でのご葬儀のご相談も承っております。事前にご相談ください。

▼必要項目一覧
・健康保険証
・印鑑
・火埋葬許可証(死亡診断証)
                         ・葬祭費・埋葬料支給申請書
                         ・受取人名義の通帳口座番号
                         ・葬儀料金の領収書

 

密葬と家族葬の違いとは

最終更新日:2013/10/28

家族葬と密葬の違い

ippanso-big

親族を中心とする葬儀のことを最近では”家族葬”と呼びますが、密葬とはなんらかの事情や喪主の要望や故人の遺言により、亡くなったことを公にしないで行われる葬儀のことを言います。つまり、密葬は参列者を限定する葬儀ということになります。

 

 

密葬は本葬とセットで行われる?

noukan「密葬」は「本葬」とセットで営まれることが一般的です。密葬は身内のみで行う形で、本葬は後日、一般の参列者を招いた形で営まれます。密葬を行うケースの多くは、社葬など大規模な葬儀の場合に行われます。理湯としては、葬儀の準備に相当な時間がかかるため、その時間を上手く活用するため、また、家族が時間を取って故人の方との別れの時間を持ってもらうために行われます。

 

最近では本葬かお別れ会に変化

tsuyaburumai社葬などを行う場合には、多くの人が集まるため、密葬を先に行い、その後に本葬という形で葬儀を行いますが、最近では、本葬の代わりに、お別れ会を行うというケースが増えています。お別れ会は、ホテルやレストランなどを会場として行われ、宗教の制限はほぼなく、会葬者は献花等を行い軽食が振舞われるのが一般的です。

 

自宅葬を行うには?

最終更新日:2013/10/28

自宅葬を考える場合は、まず自宅のスペースが十分か確認

tel-sougisya世田谷区の自宅にて葬儀を行う場合、第一に考えなければならないのが、ご自宅のスペースの問題です。祭壇を自宅のスペースに合う形で飾ったとしても、ある程度のスペースは必要となります。また、祭壇を飾るだけでなく、実際の葬儀を行う際には、参列者が座れるスペースというのも必要になります。その点を考えるとある程度広いお部屋か、あるいは、二部屋が続きになっており、仕切りを開けると、広い空間が作れると良いです。

 

自宅葬はその他にどんな点に気を付ける必要があるか?

pc部屋のスペースの話に少し触れましたが、自宅で葬儀を行う場合、通路などのスペースも確保する必要があります。お棺に納棺をすると、その棺が通るスペースを確保する必要があります。このスペースがある程度ないと、自宅での葬儀は非常に難しくなります。

 

 

マンションなどで行う場合には近隣への配慮が必要

tel-shinseki首都圏は主にマンションに住んでいるケースが多いと思いますが、マンションで行う場合でも、一軒家で行う場合でも、近隣への配慮が必要です。ご遺体の搬送の際に周りへの影響が考えられますし、また、葬儀を行った際に、会葬に来られる人たちが集まります。その際に近隣へ迷惑がかかるということもありますのでご注意ください。スペースが気になる方や近隣への配慮を気にされる方は一度担当者に訪問をしてもらい、間取りや近隣の立地などを事前に相談してもらうというのが必要です。

 

心をこめて、大切な方のご葬儀のお手伝いをさせていただきます
お急ぎで葬儀が必要な方。無料電話相談
少し時間のある方。無料見積もり作成
お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK

※お電話いただいたからといって、しつこい営業など致しませんのでご安心ください

お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK