葬儀のお役立ちコンテンツ
useful

世田谷区での家族葬の人数は?

最終更新日:2013/07/29

家族葬の人数はどれくらいになるか?

kazokuso-big

家族葬に参列する人は一般的にどれくらいの人数になるのでしょう?クローバーで対応した経験からお伝えしますと、大体10~20名規規模が中心となり、多くて30名規模で家族葬を行うというのが一般的です。家族葬というのは明確な定義がないため、もちろん10名以下の場合もありますし、人によっては30名以上となり、家族葬ではなく普通の葬儀と呼べるくらいの規模になる場合があります。

10~20名規模でどれくらいの費用になるのか

okane葬儀の総額の費用はある一部分も除いてそんなに大きな変動はありません(オプションで質を上げるのは別です)。10から20名に人数が増えたとしても、葬儀の費用にさほど変化はありません。では、どの費用が大きく変動するのかなのですが、それは、”料理・返礼品・場所”これらの項目の費用が変動します。料理や返礼品はイメージして頂ければわかりますが、人数が増える毎に、それぞれ準備する必要があるので、費用は人数分増えます。また、場所も入れる人数が決まっている為、人が多くなった時には、場所を変えるという点で費用が上がる場合もあります。

人数追加となった場合どう計算するのか

tsuyaburumai見積りをしてもらった際に伝えた人数で収まるということはまずないでしょう。一人や二人の変動は間違いなくありますし、それ以上に変化することも考えられます。そんな蓋を開けて見ないとわからない状況にどう対応すべきかのポイントは、”個別の単価”を把握することで、変動したとしても、ある程度の費用の増減は把握することができます。例えば、人数が10名から20名までに増えたとし、場所は同じ場所のままだとしましょう。その場合変動する費用として考えられるのは、料理と返礼品になります。
通夜料理・精進料理が1人あたり5,000円、返礼品が2,500円とした場合、10人の人数が増えているので、

(5,000円 + 2,500) × 10 = 75,000円

10名人数が増えることにより、この人数が上乗せになるということが計算できます。それぞれの単価を知るということは、万が一変化があった場合、すぐに判断できるということになるわけです。最初から人数を正確に把握することは難しいため、まずは概算の人数で見積もりを取り、あとは、最終的に人数の調整を行うことをお薦めします。

 

心をこめて、大切な方のご葬儀のお手伝いをさせていただきます
お急ぎで葬儀が必要な方。無料電話相談
少し時間のある方。無料見積もり作成
お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK

※お電話いただいたからといって、しつこい営業など致しませんのでご安心ください

お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK