葬儀のお役立ちコンテンツ
useful

世田谷区で行う直葬とは

最終更新日:2013/08/31

世田谷区では桐ヶ谷斎場を使う必要がある

kasouro

もし、世田谷区で直葬(火葬とも言います)を行うならば、桐ヶ谷斎場に併設されている火葬場を使う必要があります。基本的に日本の法律で火葬を行うという決まりがあるため、亡くなった後は、必ず火葬をする必要があります。病院やご自宅、または、警察で亡くなった後は、最終的にここにご遺体が運ばれ、火葬をされるという形になります。 

 

世田谷区で直葬をした場合、費用はいくらかかるか?

okane直葬を行う場合、火葬に関する費用がかかりますが、桐ヶ谷斎場を使用したする際は、火葬料金が59,000円、そして、ご体保管料かかります。それ以外にかかる費用としては、葬儀社が用意する火葬プランの料金が必要です。 

火葬を行う場合・・・

火葬プランの費用 + 火葬場費用 =

 

クローバーで直葬を行った場合はいくらになるのか?

クローバで直葬を行った場合、火葬15プランというプランをご用意しておりますので、そこに火葬場でかかる費用を追加するような形になります。ですので、計算式としては、上記で計算した形と同様になります。

火葬15プラン + 火葬場費用(火葬料・ご遺体保管料・骨壺・椅子) = 合計金額
157,500円   + 59,000円+7,875円+13,335円+2,100円      = 239,810円

この金額がクローバーでご依頼頂いた際の金額となります。世田谷区で火葬を行うには、この費用がかかります。葬儀社によって費用は少し変わりますが、変更となる部分は基本的にプランの金額が変わる形となります。

 

心をこめて、大切な方のご葬儀のお手伝いをさせていただきます
お急ぎで葬儀が必要な方。無料電話相談
少し時間のある方。無料見積もり作成
お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK

※お電話いただいたからといって、しつこい営業など致しませんのでご安心ください

お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK