葬儀のお役立ちコンテンツ
useful

家族葬を一日葬として行うには

最終更新日:2013/07/30

家族葬を一日で行うには?

kazokuso-big

葬儀を行う際に、中々集まることができない状況であったり、集まれたとしても、2日も時間を取ることができないというケースが増えています。そのためか、従来の葬儀を一日で行うという形式が増えてきており、もちろん家族葬を一日で済ますという方も増えてきています。

 

 

一日で終えれば費用が安くなるというのは錯覚?

okane

よく勘違いしがちな点が、”一日で済ますと費用がその分安くなる”と多くの方が思いがちですが、正直な所、費用に大きく変動はありません。大きく変わるとすれば、1日分の葬儀社スタッフの人件費とお通夜がなくなるので、通夜料理の費用が省かれるくらいです。それ以外の費用は、葬儀を行うに際に必ず必要なものとなるため、1日であろうが、2日であろうが費用はかわらないという形となります。

 

一日葬なのになぜ場所代は安くならないのか?

gojitaku一日で終える一日葬にしたとしても、多くの場合、場所代(斎場使用料)は安くなりません。一日葬は告別式のみを行いますが、午前から式を行う場合、それ前に祭壇などの飾りの準備が必要なため、場所によっては、前日から式場を借り、そして、その時から祭壇などを予め準備をしていくという点があるためです。(斎場によっては1日で対応できる場合がありますし、開式の時間が遅めであれば、当日に設営というのは可能かもしれません)こういう点があるため、思っている以上に費用が安くならないのです。気になる方は試しに見積りをとっ                         てみてください。

心をこめて、大切な方のご葬儀のお手伝いをさせていただきます
お急ぎで葬儀が必要な方。無料電話相談
少し時間のある方。無料見積もり作成
お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK

※お電話いただいたからといって、しつこい営業など致しませんのでご安心ください

お急ぎの方はこちらへお電話下さい。経験豊富な相談員が対応します。365日24時間無料で電話受付 携帯OK